公立と私立、通信制高校の学費とシステムの違いについて

通信制高校にも公立と私立がある

自学自習中通信制高校とは、言葉のとおり通信による高校教育を行うところです。
この通信制高校にも公立と私立があるので、やはり学費もそれぞれ違います。

公立の通信制高校の学費とシステム

まず、公立はとても安くなっています。
入学金は500円で、授業料は年間1万円から3万円くらいとなっていて、1単位あたり300円からとなっています。
そして、私立は公立に比べると高くなっています。
入学金は2万円から5万円で、授業料は18万円からとなっており、1単位あたり6000円からとなっています。
なぜこんなに違うかというと、公立は自宅学習や受験勉強などをほぼ自分一人で行なう形式になっています。
学校へ実際に登校する登校日というのも設定されていますが、それも日数は少ないので個人の学力や精神面が試されると言えます。

私立の通信制高校の学費とシステム

一方、私立では公立と違い、サポート面が強化されています。
例えば課題の提出するのもWEBサイトやメールが使えたり、学習の進め方も自分一人で決めるのではなく計画を一緒にしてくれたり、疑問点がある時にはそれを解消する体制が整っています。
テストや登校日も日程が決まっていますが、私立では柔軟に対応してくれる特徴があります。

公立と私立のどちらに行くべきか

自力で努力する公立よりも、サポート体制が整っている私立の方が卒業率が高いのはあきらかでしょう。
自分の力や精神面に自信があるなら、費用の安い公立を選択しても構いませんが、どうしても卒業したいし、自信がない場合は私立を選択するのがベストです。
公立だけでは卒業が難しい場合はサポート校を利用する方法もありますが、こちらを利用すると初年度の入金は50万円から100万円ぐらいかかってしまいます。
しかもサポート校だけでは高校卒業ができないので、通信制高校にも入学することとなり、両方の学費がかかることになります。
そのため、学費のことを考えると、最初からサポート体制が整っている私立を選択することも検討してくださいね。